少数(読み)しょうすう

精選版 日本国語大辞典「少数」の解説

しょう‐すう セウ‥【少数】

〙 数のないこと。
※延喜式(927)二五「凡勘公文、附入之物、得多数〈勘大帳、隠首括出損疾等丁之類、〈略〉或大帳少数、名帳多数、猶依名帳勘付之類也〉」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉代議士「少数だと、意気地なく腰が抜けて了う」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「少数」の解説

【少数】しようすう

少し。

字通「少」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

デジタル大辞泉「少数」の解説

しょう‐すう〔セウ‐〕【少数】

数が少ないこと。「賛成少数で否決された」⇔多数
[類語]小人数小勢無勢少ない少し少しく少少ちょっとちょいとちとちっとちょっぴりいささかいくらかいくぶんやや心持ち気持ち多少若干二三少量僅僅きんきんわずか数えるほどたったただたかだかしばらくなけなし低い手薄少なめ内輪軽少軽微微弱微微微少僅少きんしょう些少さしょう最少微量ちびちび一つまみ一握り一抹一息紙一重すずめの涙鼻の差残り少ないちょこっとちょこんとちょっこりちょびちょびちょびっとちょぼちょぼちょろりちょんびりちょんぼりちらり爪のあか小口ささやか寸毫すんごうプチほのか幾ばくせいぜいたかが微塵みじん些細ささいまばらほんのあるかなきか一縷いちる心ばかりしるしばかり形ばかり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android