先に(読み)せんに

精選版 日本国語大辞典 「先に」の意味・読み・例文・類語

せん‐に【先に】

連語〙 以前に。
※桑の実(1913)〈鈴木三重吉〉二四「先(セン)に私が女の生徒さんたちを預ってゐたときに」

さっき‐に【先に】

〘副〙 「さきに(先━)」の変化した語。〔かた言(1650)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「先に」の意味・読み・例文・類語

さき‐に【先に/前に/×曩に】

[副]今よりも前に。以前に。「―述べたごとく」「―行われた大会」
[類語]今し方先程さっき先刻最前今今たった今今時分今頃今どき今さらナウ過去以前かつ在りし日往年往時往日旧時昔日せきじつ昔時せきじ昔年せきねん往昔おうせき往古古昔こせきいにしえ古くそのかみ当時前前かねてかねがね何時か既往これまで従来従前し方先年当年一時一頃その節当時古来あらかじめ前以て年来旧来在来その昔太古千古大昔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android