往日(読み)おうじつ

精選版 日本国語大辞典 「往日」の意味・読み・例文・類語

おう‐じつ ワウ‥【往日】

〘名〙 (「過ぎ去った日」の意) むかし。過日
※江談抄(1111頃)三「有国以名簿於惟成。人人驚曰、藤賢式大、往日一双也。何敢以如此」
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉五「今より往日を顧みれば漠然として雲霧を望むが如し」 〔礼記‐曲礼上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「往日」の意味・読み・例文・類語

おう‐じつ〔ワウ‐〕【往日】

過ぎ去った日。昔日。「往日を顧みる」
[類語]一昔過去以前かつ在りし日往年往時旧時昔日せきじつ昔時せきじ昔年せきねん往昔おうせき往古古昔こせきいにしえ古くそのかみ当時前前かねてかねがね何時か既往これまで従来従前し方先年当年一時一頃その節先に当時古来あらかじめ前以て年来旧来在来その昔太古千古大昔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「往日」の読み・字形・画数・意味

【往日】おう(わう)じつ

むかし。かつて。〔楚辞、九章、惜往日〕日の曾(かつ)て信ぜられしを惜(おも)ふ 命詔を受けて時を昭(あき)らかにす

字通「往」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android