人物(読み)じんぶつ

精選版 日本国語大辞典「人物」の解説

じん‐ぶつ【人物】

〘名〙
① 人と物。人事と万物。じんもつ。
※経国集(827)一三・九日翫菊花篇〈嵯峨天皇〉「人物蹉跎皆変衰、如何仙菊笑東籬
※将門記(940頃か)「良兼の為に人物を殺し損し奪ひ掠(と)られたるの由を」 〔李白‐明堂賦〕
② 人。人間。
※太平記(14C後)二七「時遷り事去て、人物古に非ざる事を感じ」
③ 人柄。ひととなり。人品
※続日本紀‐和銅六年(713)四月丁巳「制、銓衡人物、黜陟優劣、式部之任」
※天草本伊曾保(1593)孔雀と烏の事「アル カラス ヲノレガ jinbutuo(ジンブツヲ) キョウマンシ」 〔新唐書‐李揆伝〕
④ (形動) 人柄や風采のすぐれているさま。また、すぐれた人。有能な人。人材。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)二「人物な人も又我が片足ないも同じ者と王駘は見ているぞ」 〔杜甫‐贈崔十三評事公輔詩〕
⑤ 人のすがた。描画の対象としての人間、またその画。人物画。
※本朝画史(1678)下「人物画法序 世画人物、精神在於阿堵中
※随筆・胆大小心録(1808)六八「それからうつって山水をかくが、マア絵の古意じゃ。人物は又次で、これも聖仏の像をかいて、書典にそへておく事じゃ」

じん‐もつ【人物】

〘名〙
① (「神物」に対して) 一般俗人の所有物。じんぶつ。
※菅浦文書‐正応四年(1291)九月日・紀伊国高野寺寺僧法心申状「為彼糺返捜取神物人物、粗言上如件」
② =じんぶつ(人物)①〔日葡辞書(1603‐04)〕
※翁問答(1650)上「つらつら人物(ジンモツ)のありさまをかんがへ見るに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「人物」の解説

じん‐ぶつ【人物】

ひと。人間。「偉大な人物」「登場人物
人柄。ひととなり。「面接試験では主として人物を見る」「人物は確かだ」
人格・才能などのすぐれた人。人材。「肚のすわった、なかなかの人物だ」
描画の対象である人間の姿・形。「人物のデッサン」
[類語](1ひと人類人倫万物の霊長考えるあし米の虫ホモサピエンス人士じんもの人間現生人類原始人新人旧人原人ジャワ原人北京原人直立猿人猿人ピテカントロプス/(2人柄人間人となり人格器量度量うつわにん人間性品性品格徳性人品/(3人材偉材逸材人格人間性品性品格徳性人柄人間人品

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「人物」の解説

【人物】じんぶつ

人品。

字通「人」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android