万物(読み)ばんぶつ

精選版 日本国語大辞典「万物」の解説

ばん‐ぶつ【万物】

〘名〙 すべてのもの。宇宙に存在するあらゆるもの。ばんもつ。
※続日本紀‐養老五年(721)一〇月丁亥「万物之生、靡死、此則天地之理」
※随筆・胆大小心録異本(1809か)「狩野の尚信は〈略〉万物を摸写して妙を得たり」 〔易経‐乾卦〕

ばん‐もつ【万物】

平家(13C前)七「隣境遠境数国を掠領して、土冝土貢万物(バンモツ)〈高良本ルビ〉を押領す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「万物」の解説

ばん‐ぶつ【万物】

あらゆるもの。宇宙に存在するすべてのもの。「万物は流転する」
[類語]自然

ばん‐もつ【万物】

ばんぶつ(万物)」に同じ。〈和英語林集成

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「万物」の解説

【万物】ばんぶつ

あらゆるもの。程頤〔秋日偶成〕 物靜するに、皆自得す 四時の佳、人と同じ ず、天地形の外 思ひは入る、風變態の中

字通「万」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の万物の言及

【自然】より

…ところで老子は〈自分であること〉とは人為を加えず,本来のままであることにほかならないとしたから,この自然は無為と結びつき,〈無為自然〉という熟語もできてくる。自分が無為であることは,また物のあるがままを尊ぶことであるゆえ〈万物の自然を輔(たす)けて而も敢て為さず〉(第64章)ということにもなり,万物の〈自(おの)ずから然(しか)る〉ことを重んずることになる。いずれにせよ,自然とは自分に関しても万物に対しても,〈人為の加わらない,おのずからある状態〉を意味し,今日の自然が意味するように森羅万象の対象的世界一般を指すものではなかった。…

※「万物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android