心性(読み)しんしょう

精選版 日本国語大辞典 「心性」の意味・読み・例文・類語

しん‐しょう ‥シャウ【心性】

〘名〙
仏語。不変な心の本体。
※真如観(鎌倉初)「心性(シンシャウ)すでに真如の異名なり」
② こころ。精神。また、本来の心。生まれつき。天性しんせい
※元祿版本新撰万葉(893‐913)下「心性造飛無定処、花勢解散不人」
今昔(1120頃か)四「形端正(ぎゃうめうたんじゃう)にして心性正直也」

しん‐せい【心性】

〘名〙
① こころ。また、天性。うまれつき。しんしょう。
※教育学(1882)〈伊沢修二〉三「偶々親戚朋友等の凶訃を聞きて、大に憂苦を覚ふるが如き之を心性上の感と云ふ」 〔戴表元‐舒子俊見過詩〕
② 心の特質知能、習慣、信念など精神的傾向の総体。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「心性」の解説

心性 しんしょう

?-? 鎌倉時代の漆工
平文(ひょうもん)(漆工芸技法のひとつ)にすぐれる。正和(しょうわ)4年(1315)勅命により近江(おうみ)(滋賀県)日吉神社神輿(しんよ)造り替えにあたった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

デジタル大辞泉 「心性」の意味・読み・例文・類語

しん‐しょう〔‐シヤウ〕【心性】

仏語。不変な心の本性。すべての人間が生まれながらにもっている本性。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「心性」の読み・字形・画数・意味

【心性】しんせい

心の本質。また、心と性。〔孟子、尽心上〕の心を盡すは、其の性を知る。其の性を知るときは、則ち天を知る。其の心を存し、其の性をふは、天に事(つか)ふる以(ゆゑん)なり。

字通「心」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

旅券返納命令

外務大臣や領事官が旅券(パスポート)を返納させる必要があると認めたとき、旅券の名義人に対し、期限を設けて旅券の返納を命ずることができる規則。申請時に虚偽の記載があったときや旅券の記載事項の訂正をした場...

旅券返納命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android