単数(読み)たんすう

精選版 日本国語大辞典 「単数」の意味・読み・例文・類語

たん‐すう【単数】

〘名〙
物の数が単一であること。一つのこと。⇔複数。〔数学ニ用ヰル辞ノ英和対訳字書(1889)〕
※かのやうに(1912)〈森鴎外〉「人格のある単数(タンスウ)の神や、複数の神の存在を信じて」
② 主に印欧語の文法で、単一の人や事物を表わす名詞・代名詞。また、これを受けて変化した動詞・形容詞・冠詞などの語形。⇔複数。〔小学日本文典(1874)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「単数」の意味・読み・例文・類語

たん‐すう【単数】

数が一つであること。単一であること。⇔複数
インド‐ヨーロッパ語などの文法で、人や事物の数が一つであることを示す語形。名詞代名詞、およびこれを受けて変化する動詞形容詞冠詞などにみられる。⇔複数
[類語]単一唯一単独単身単発単品無二無比又と無い無双無類・比類の無い・類が無い・類を見ない・比べ物にならない・並び無い・例えようも無い・底知れない又無い又と得難いまれかけがえのない希有けう盲亀もうき浮木ふぼく一期一会いちごいちえ見せ場決め所思いがけない思いがけず待てば甘露の日和ひよりあり折よく僥倖ぎょうこうここぞ一世いっせ一代最初で最後図らずも決定的瞬間契機二度と二度と再び滅多千載一遇

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「単数」の読み・字形・画数・意味

【単数】たんすう

奇数

字通「単」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android