最初(読み)さいしょ

精選版 日本国語大辞典「最初」の解説

さい‐しょ【最初】

〘名〙 物事の一番はじめ。初手始。さいそ。
※百座法談(1110)二月二九日「われすなはちその㝡初のくだりのはての仏文字なり」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「最初(サイショ)は其様にもおもやせなんだが」 〔倶舎釈論‐二一〕

さい‐そ【最初】

蜻蛉(974頃)下「さいそにいでて諸矢しつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最初」の解説

さい‐そ【最初】

《「そ」は「しょ」の直音表記》「さいしょ(最初)」に同じ。
「―に出でて諸矢しつ」〈かげろふ・下〉
したり顔なるもの、正月ついたちに―にはなひたる人」〈・一八五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「最初」の解説

【最初】さいしよ

最も初め。

字通「最」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ブレグジット

2016年に起こったイギリスのEU(欧州連合)離脱問題のこと。同年6月23日(現地時間)にイギリスのEU離脱の是非につき行われた国民投票にからんで生まれた言葉で、Britain(英国)とExit(退出...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android