初頭(読み)しょとう

精選版 日本国語大辞典 「初頭」の意味・読み・例文・類語

しょ‐とう【初頭】

〘名〙 ある時代や時期のはじめのころ
※自己主張の思想としての自然主義(1910)〈魚住折蘆〉「(あたか)も近世の頭に当って」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「初頭」の意味・読み・例文・類語

しょ‐とう【初頭】

ある時代・時期の初めのころ。「今世紀の初頭
[類語]当初初期始期あたまはじめ早期初葉まず最初第一一次原初嚆矢こうし手始め事始め優先一番しょぱないの一番真っ先先立ち先頭劈頭へきとう冒頭出出でだ滑り出し初手出端ではなはなはし口開け取っ付きのっけスタート取り敢えず差し当たりひとまず当座序の口皮切り第一歩第一声始まり始まる始めるトップ初発発端端緒濫觴らんしょう権輿けんよ起こりとば口取っ掛かり開始幕開き開幕立ち上がり口切り最優先何をおいても何はさておき何はともあれ口火を切る先ず以て

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「初頭」の読み・字形・画数・意味

【初頭】しよとう

当初。

字通「初」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

特別抗告

(1) 民事訴訟法上,通常の不服申立が認められていない決定,または命令に対して直接最高裁判所に提起する抗告。この制度は,最高裁判所の違憲審査権を保障しようとするものであるため,原裁判に憲法解釈上の誤り...

特別抗告の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android