蒼(漢字)

普及版 字通 「蒼(漢字)」の読み・字形・画数・意味


人名用漢字 13画

(旧字)
14画

[字音] ソウ(サウ)
[字訓] あお・あおい・しげる

[説文解字]
[その他]

[字形] 形声
声符は倉(そう)。〔説文〕一下に「艸の色なり」とあり、水には滄という。蒼蒼とは草木の繁茂する深い青さをいう。

[訓義]
1. あおい、草があおい。
2. しげる。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕蒼 アヲシ・シロシ・ススケタリ 〔立〕 ミドリ・アヲシ・ナモミ・イサギヨシ 〔字鏡集〕 シロシ・アヲシ・ミドリ・ナモミ・ススケタリ

[語系]
tsang、tsongは声近く、は浅い青色をいう。(青)tsyeng、dziengも同系の語。(せい)は(とう)と同じく、その色の美しいことをいう。

[熟語]
蒼靄・蒼鬱・蒼雲・蒼煙・蒼淵・蒼猿蒼華・蒼海・蒼崖・蒼顔蒼穹・蒼極蒼勁蒼頡蒼黔・蒼古蒼皇・蒼黄蒼惶・蒼・蒼黒・蒼山・蒼秀・蒼隼・蒼松蒼岑・蒼翠・蒼生・蒼雪・蒼・蒼然・蒼・蒼鼠・蒼蒼・蒼卒・蒼・蒼竹・蒼帝・蒼天・蒼頭・蒼波・蒼・蒼馬・蒼白・蒼髪・蒼旻・蒼蒼氓・蒼・蒼・蒼民蒼冥蒼溟・蒼蠅蒼巒・蒼涼・蒼黎・蒼嶺・蒼老
[下接語]
鬱蒼・穹蒼・昊蒼・黄蒼・深蒼・青蒼・天蒼・彼蒼・旻蒼・蒼・老蒼

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android