範囲(読み)はんい

精選版 日本国語大辞典「範囲」の解説

はん‐い ‥ヰ【範囲】

〘名〙
① 一定のきまった広がり。限られた領域さかい限度区域
※本朝文粋(1060頃)三・詳春秋〈大江以言〉「陽霊陰魄、定于先囲」
雪国(1935‐47)〈川端康成〉「境遇の許す範囲で」 〔易経‐繋辞上〕
特定のきまり。規定。〔布令字弁(1868‐72)〕
郵便報知新聞‐明治一〇年(1877)一二月八日「該犯は改正鳥獣猟規則第二条同八条に照し両条共第十七条範囲内にて各自科金申付可然哉」
③ 統計学で、資料の散らばりを示すために用いる数値の一つ。資料の値の最大のものと最小のものとの差のこと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「範囲」の解説

はん‐い〔‐ヰ〕【範囲】

ある一定の限られた広がり。ある区域。「広い範囲に渡る」「できる範囲で協力する」
[類語]領域領分縄張りテリトリー区画区域区間帯域境域ブロックエリアゾーン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「範囲」の解説

【範囲】はんい(ゐ)

かたを作り、周囲をかこみ、鋳型でものを鋳造する。〔易、辞伝上〕天地を範圍して(あやま)たず、物を曲して(のこ)さず。

字通「範」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「範囲」の解説

範囲

レンジ」のページをご覧ください。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android