千切れる(読み)チギレル

デジタル大辞泉「千切れる」の解説

ち‐ぎ・れる【千切れる】

[動ラ下一][文]ちぎ・る[ラ下二]
細かく切れる。細かくばらばらになる。「ずたずたに―・れる」「が―・れる」
もぎとったように切れる。ねじきれる。「寒くて耳が―・れそうだ」「本の表紙が―・れる」
[類語]破れるやぶける裂けるほころびる切れる擦り切れる張り裂ける破裂するパンクする分かれる割れる離れる外れる分離離脱分裂分解解体独立外す分ける分割四分五裂遊離隔たる遠ざかる遠のく離隔隔絶乖離かいり切り離す断ち切る折るへし折る折る折れる畳む折り畳む折り重ねる折れ曲がる折り曲げる曲がる折損屈折曲折屈曲真っ二つばらすぽっきりぽきりぼきぼきぽきぽきぼきりぽきんぼきんばきばきぱきぱきめりめりみりみりばりばり

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android