出潮(読み)でしお

精選版 日本国語大辞典「出潮」の解説

で‐しお ‥しほ【出潮】

〙 (「いでしお」の変化した語。「でじお」とも)
① 月の出とともに満ちてくる。さししお。
※散木奇歌集(1128頃)夏「なげかじなふな木の山のほととぎす月のてしほに浦づたひして」
② 出る頃あい。出て来る時節。おり。しおあい。機会。
※俳諧・瀬とり舟(1704)「脇息は歌の出句(でシホ)の反り橋歟」
浄瑠璃・妹背山婦女庭訓(1771)三「いつに勝れし後室の機嫌は、訴訟のよい出しほ」

いで‐しお ‥しほ【出潮】

〘名〙 満ちてくる海の潮。でしお。さし潮。⇔入潮(いりしお)
謡曲高砂(1430頃)「月もろともに出で潮の波の淡路島影や」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「出潮」の解説

で‐しお〔‐しほ〕【出潮】

《「いでしお」の音変化》
月の出とともに満ちてくる潮。差し潮。
出る頃あい。出る機会。
「いつに勝れし後室の機嫌は訴訟のよい―」〈浄・妹背山
[類語]うしお高潮たかしお高潮こうちょう満潮満ち潮干潮引き潮潮汐干満満ち干満ち引き上げ潮下げ潮入り潮退潮大潮小潮赤潮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android