入潮(読み)いりしお

精選版 日本国語大辞典「入潮」の解説

いり‐しお ‥しほ【入潮】

〘名〙
※新撰六帖(1244頃)六「いりしほのひ潟にきゐるみと鷺をいさりに出づるあまかとや見ん〈藤原知家〉」
② 満ちてくる潮。満潮。みちしお。さししお。
※海道記(1223頃)萱津より矢矧「此浦をに過れば、朝には入塩にて魚に非ずは游(およ)ぐべからず」

いる‐しお ‥しほ【入潮】

〘名〙 差し寄せて来る潮。満潮。
※万葉(8C後)一四・三五五三「あぢかまのかけの水門に伊流思保(イルシホ)のこてたずくもが入りて寝まくも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「入潮」の解説

いり‐しお〔‐しほ〕【入(り)潮/入り×汐】

引き潮。干潮。
「霜枯れの横野の堤風さえて―遠く千鳥鳴くなり」〈続古今・冬〉
満ち潮。差し潮。満潮。
「浦荒れて風よりのぼる―におろさぬ舟ぞ波に浮きぬる」〈玉葉集・雑二〉
[類語]うしお高潮たかしお高潮こうちょう満潮満ち潮干潮引き潮潮汐干満満ち干満ち引き上げ潮出潮下げ潮退潮大潮小潮赤潮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android