満干(読み)みちひ

精選版 日本国語大辞典「満干」の解説

みち‐ひ【満干】

〘名〙 海水が満ちることと干ること。満潮干潮。みちしおとひきしお。また、おしよせてくることと、引いていくこと。みちひき。干満(かんまん)。比喩的に、物事の度合が強まったり、弱まったりすることにもいう。
※平家(13C前)二「社はわだづみのほとりなれば、塩のみちひに月ぞすむ」

まん‐かん【満干】

〘名〙 潮がみちることと、ひくこと。潮のみちひ。干満。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「今の海潮には満干の時刻あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「満干」の解説

みち‐ひ【満(ち)干】

海水の満ちることと干ること。満潮と干潮。干満かんまん。満ち引き。「潮の満ち干の差が大きい」
[類語]うしお高潮たかしお高潮こうちょう満潮満ち潮干潮引き潮潮汐干満満ち引き上げ潮出潮下げ潮入り潮退潮大潮小潮赤潮

まん‐かん【満干】

満潮と干潮。潮のみちひ。干満。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android