下げ潮(読み)さげしお

海の事典「下げ潮」の解説

下げ潮

潮汐にもとずく海面変動で、満潮から干潮までの間で海面が下降しつつあるときを下げまたは引き潮という。これに対して、干潮から満潮までの間で、海面が 上昇しつつあるときを上げ潮または差し潮という。 (永田

出典 (財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について 情報

ダイビング用語集「下げ潮」の解説

下げ潮

干潮に向かう潮、引き潮のこと。

出典 ダイビング情報ポータルサイト『ダイブネット』ダイビング用語集について 情報

デジタル大辞泉「下げ潮」の解説

さげ‐しお〔‐しほ〕【下げ潮】

引き潮。⇔上げ潮
[類語]うしお高潮たかしお高潮こうちょう満潮満ち潮干潮引き潮潮汐干満満ち干満ち引き上げ潮出潮入り潮退潮大潮小潮赤潮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「下げ潮」の解説

下げ潮
さげしお

引き潮」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「下げ潮」の解説

下げ潮
さげしお

上げ潮

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android