上潮(読み)あげしお

精選版 日本国語大辞典「上潮」の解説

あげ‐しお ‥しほ【上潮】

〘名〙
① 満ちてくる潮。満ち潮。差し潮。⇔下げ潮
※俳諧・韻塞(1697)乾「あげ汐に弟雪ちかし鴨の声〈支梁〉」
② 興隆、充実していく勢い。またそういう時期、状態。
※日本文化論のあり方(1956)〈桑原武夫〉「改革的風潮の上げ潮に乗って」

のぼり‐しお ‥しほ【上潮】

〘名〙
① 満ちてくる潮。あげしお。⇔下り潮
※車屋本謡曲・大原御幸(1570頃か)「薩摩潟へや落さんと申せし折節、のぼり塩にさへられ」
② 北から南へ向かって流れる潮流。〔廻船安乗録(1810)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「上潮」の解説

あげ‐しお〔‐しほ〕【上(げ)潮】

満ちてくる潮。満ち潮。差し潮。⇔下げ潮
興隆・充実していく勢いにあること。また、その時期。「事業が上げ潮に乗る」
[類語]うしお高潮たかしお高潮こうちょう満潮満ち潮干潮引き潮潮汐干満満ち干満ち引き出潮下げ潮入り潮退潮大潮小潮赤潮

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「上潮」の解説

【上潮】じようちよう

あげ潮。

字通「上」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android