風圧(読み)ふうあつ

日本大百科全書(ニッポニカ) 「風圧」の意味・わかりやすい解説

風圧
ふうあつ

風にさらされた表面が受ける圧力。平らな表面の場合、風上側には力が、風の陰になる風下側ではの圧力が加わる。風圧Pは次式で表される。


 この式でρは空気の密度(kg・sec2/m3)、V風速(m/s)、Sは受圧面積(m2)、Cxは受圧体の抵抗係数でこれは構造物の形状により大きく異なる。ρの値は約8分の1であるから、

とも書き表される。この式から、風圧は風速の二乗に比例し、受圧面の形に関係することがわかる。この式をさらに簡略化し、1平方メートルの平板の受ける風圧P(kg/m2)と風速V(m/s)の関係を求めると
  P=0.125V2
と表され、平板の受ける風圧が略算される。風による破壊はPの大きさによる。

根本順吉

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「風圧」の意味・わかりやすい解説

風圧
ふうあつ
wind pressure

風にさらされた物体表面が受ける圧力。風上側に加わる正の圧力と,風下側の負の圧力とがある。風速 V と風圧 P との関係は,風上側で P=(1/2)ρV2,風下側で P=(1/2)CρV2で,それぞれ表される。ただし,ρは空気の密度,C は表面の形や状態によって決まる抵抗係数である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「風圧」の意味・わかりやすい解説

風圧【ふうあつ】

風が前面においた物体を押す圧力。空気密度と風速の2乗に比例,風に直角に立てた平面の受ける風圧は風速を毎秒vmとすると毎m2当りおよそv2/8kgfで表される。物体の形が流線形になると風圧はこの1/10ぐらいになる。
→関連項目風速計

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典 「風圧」の意味・読み・例文・類語

ふう‐あつ【風圧】

〘名〙 風が物体に及ぼす圧力。風速の二乗にほぼ比例する。
※東京日日新聞‐明治四一年(1908)四月八日「一秒時間に十米突の速力を有する風圧に抵抗して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「風圧」の意味・読み・例文・類語

ふう‐あつ【風圧】

風が前面に置いた物体に加える圧力。風速の2乗に比例して増加する。
[類語]圧力プレッシャー外圧高圧低圧水圧気圧

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「風圧」の読み・字形・画数・意味

【風圧】ふうあつ

風力

字通「風」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の風圧の言及

【風】より


【風向と風速の観測】
 気象台や測候所で風を観測する場合は,ふつう風向と風速が同時に測定できるプロペラ型風向風速計が使用されている。主として実験や研究用としては,白金やニッケルの細線を電気的に熱し,風によって失われる熱量を測定して風速を求める熱線風速計や,風の力を利用した風圧板型風速計やダインス風圧計と呼ばれるものもある。最近では超音波を使い,そのドップラーシフト(ドップラー効果)を利用して風速変動と同時に温度変動も測定できる超音波風速温度計が実用化され,大気環境調査などに広く利用されるようになってきた。…

※「風圧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android