根本順吉(読み)ねもと じゅんきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「根本順吉」の解説

根本順吉 ねもと-じゅんきち

1919-2009 昭和後期-平成時代の気象研究家。
大正8年3月30日生まれ。気象庁予報官として長期予報を担当。昭和38年1月日本付近の気圧が異常にひくいことに気づき,「何万年に1度の異常」と世界に先がけて発表。50年「気象百年史」編集後に退官以後,気象評論家として活躍した。平成21年9月22日死去。90歳。東京出身。中央気象台付属気象技術官養成所(現・気象大学校)卒。著作に「異常気象を追って」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android