開示(読み)かいじ

精選版 日本国語大辞典 「開示」の意味・読み・例文・類語

かい‐じ【開示】

〘名〙 (「かいし」とも) 説き示すこと。教えさとすこと。また、明らかに示すこと。
※正法眼蔵(1231‐53)法華転法華「法華の正宗をあきらめんことは、祖師の開示を唯一大事因縁と究尽すべし」 〔後漢書‐馬援伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「開示」の意味・読み・例文・類語

かい‐じ【開示】

[名](スル)《「かいし」とも》
はっきり示すこと。「勾留の理由の開示を請求する」
説き明かし示すこと。教えさとすこと。「真義を開示する」
[類語]示す見せる呈示提示明示表示掲揚かざす掲げる出現現れ発現現出実現発祥再現輩出現れる誕生現前具現顕現体現示現発露流露出土日の目を見る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「開示」の読み・字形・画数・意味

【開示】かいじ

うちあける。説き示す。〔後漢書、馬援伝〕に於て、米を聚めて山谷と爲し、形勢を指畫し、衆軍の從(よ)る來を開示す。

字通「開」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android