実現(読み)じつげん

精選版 日本国語大辞典「実現」の解説

じつ‐げん【実現】

〘名〙 計画、希望などを現実のものとすること。また、そうなること。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
※虞美人草(1907)〈夏目漱石〉一二「彼等は日毎夜毎に文明の詩を(ジツゲン)して、花に月に富貴の実生活を詩化しつつある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「実現」の解説

じつ‐げん【実現】

[名](スル)計画・期待などが現実のものになること。また、現実のものとすること。「実現不可能な要求」「夢が実現する」「要求を実現する」
[類語]適う出現現れ現出輩出発祥再現発現現れる誕生現前具現顕現体現示現開示発露流露出土日の目を見る表現成就達成大成速成完成成立成り立つ成る出来しゅったい出来る出来上がる樹立確立存立打ち立てる成功奏功上首尾結実開花実を結ぶ花開く物になる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「実現」の解説

【実現】じつげん

現実化

字通「実」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android