螻(漢字)

普及版 字通 「螻(漢字)」の読み・字形・画数・意味


17画

[字音] ロウ
[字訓] けら

[説文解字]

[字形] 形声
声符は婁(ろう)。〔説文〕十三上に「螻蛄(ろうこ)なり」とあり、けら。螻蛄に五能あり、飛び、木に縁(よ)り、水に泳ぎ、土を掘り、走ることもできるが、みな拙にして一芸に達せず、そのような人を「螻蛄の才」という。また、悪臭を発し、螻蛄臭という。螻蟻(ろうぎ)は、けらとあり、一類のものをいう。

[訓義]
1. けら。
2. 天螻はこがね虫の幼虫、すくも虫。
3. くさい、悪臭。
4. やまい。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕螻蛄 ケラ/螻螻 ケラ 〔字鏡集〕螻 アリ・ケラ

[熟語]
螻蚓・螻・螻蟻・螻蛄
[下接語]
地螻・天螻・土螻

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android