祭儀(読み)さいぎ

精選版 日本国語大辞典「祭儀」の解説

さい‐ぎ【祭儀】

〘名〙 儀式祭祀(さいし)
※漆胡樽(1950)〈井上靖〉一「生活がそのまま豪宕(がうたう)な祭儀であり得た時代です」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「祭儀」の解説

さい‐ぎ【祭儀】

神仏を祭る儀式。祭祀さいし
[類語]祭り祭礼祭典祭祀栄典祝典祝儀大祭大儀大礼大典典礼盛儀儀式式典

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「祭儀」の解説

【祭儀】さいぎ

祭礼。

字通「祭」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の祭儀の言及

【祭り】より

…古代ギリシア・ローマの密儀はもとより,イエス・キリストの降誕も聖夜に祝われ,謝肉祭や復活祭も夜を徹して行われる。秋祭夏祭春祭冬祭【薗田 稔】
[祭儀と祝祭]
 人間の社会集団においては,その構造を基礎づける超越的な世界像を持つ場合がある。それが,社会によっては超自然的な神の世界だったり,あるいはまた聖なる歴史的過去であったりして一様ではない。…

※「祭儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android