儀式(読み)ぎしき

精選版 日本国語大辞典「儀式」の解説

ぎ‐しき【儀式】

[1] 〘名〙
① 法やしきたりなどにのっとったきまり。また、日常の立ち居振舞の作法。
※枕(10C終)九九「あまりぎしきさだめつらんこそあやしけれ」 〔春秋左伝‐昭公六年〕
② 公事、神事、祭事、仏事または凶賀の礼式などの作法。また、その行事。儀礼典礼
※続日本紀‐養老七年(723)八月甲午「太政官処分、朝廷式、衣冠形制」
※太平記(14C後)四〇「泣々葬礼の儀式を取営(いとなみ)て」 〔後漢書‐律暦志中〕〔法華経‐方便品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス「儀式」の解説

儀式

1971年公開の日本映画。監督・脚本大島渚、脚本:田村孟ほか、音楽:武満徹録音西崎英雄。出演:河原崎建三、賀来敦子、佐藤慶乙羽信子、高山真樹、河原崎しづ江、小山明子、小松方正ほか。第45回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第26回毎日映画コンクール脚本賞、音楽賞、録音賞受賞。

儀式

米国の作家ロバート・B・パーカーのハードボイルド小説(1982)。原題《Ceremony》。「スペンサー」シリーズ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「儀式」の解説

儀式
ぎしき

平安前期,朝廷の儀礼の式次第を定めた書
弘仁・貞観・延喜の3儀式がある。各10巻。『貞観儀式』が現存即位節会新嘗 (にいなめ) 祭などの式次第が記されている。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「儀式」の解説

ぎ‐しき【儀式】

公事くじ・神事・祭事・慶弔などの、一定の作法・形式で執り行われる行事。また、その作法。
[類語]式典セレモニー典礼祝典祝儀祭典祭礼祭儀大祭大儀大礼大典盛儀

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「儀式」の解説

【儀式】ぎしよく・ぎしき

式典。

字通「儀」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「儀式」の解説

儀式
ぎしき

儀礼

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の儀式の言及

【魔術】より

…ある人物をテレビに映し,それを写真にとり,さらにコピーすると,実物→テレビ→写真→コピーと四つの次元を異にした表現が可能であるが,どれもその人物の形相をとどめている限り,その人物と認知することができる。この形相の同一性を行為で表現したものが儀式であり,物質で表現したものが象徴である。(4)象徴体系。…

※「儀式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android