口論(読み)こうろん

精選版 日本国語大辞典 「口論」の意味・読み・例文・類語

こう‐ろん【口論】

〘名〙 ことばで争論すること。言いあらそうこと。いいあい。くちげんか。くちあらそい。
※江談抄(1111頃)三「善相公与紀納言論事」
※浄瑠璃・嫗山姥(1712頃)一「先年坂田前司忠時と申浪人と口論し」

くち‐ろん【口論】

〘名〙 ことばを用いてのあらそい。口げんか。いさかい。こうろん。
うたたね(1240頃)「御前は人の手を逃げ出で給ふか、又、くちろんなどをし給ひたりけるにか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「口論」の意味・読み・例文・類語

こう‐ろん【口論】

[名](スル)言い争いをすること。口げんか。「口論が絶えない」「ささいなことで口論する」
[類語]口喧嘩口争い言い争い言い合い喧嘩内紛内輪もめ内輪喧嘩諍いいがみあい角突き合い揉め事悶着いざこざごたごたトラブル鞘当て丁丁発止侃侃諤諤囂囂喧喧囂囂喧喧諤諤舌戦議論論議論戦論争争論激論談論風発甲論乙駁口角泡を飛ばす

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「口論」の読み・字形・画数・意味

【口論】こうろん

いい争う。

字通「口」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

侍ジャパン

国際野球試合における野球日本代表の愛称。SAMURAI JAPAN(サムライ・ジャパン)とも記される。国際野球連盟(IBAF)主催・公認の各種大会・試合に出場し、オリンピックでは1984年のロサンゼル...

侍ジャパンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android