いざこざ

精選版 日本国語大辞典「いざこざ」の解説

いざ‐こざ

〘名〙
① =いさくさ
※談義本・根無草(1763‐69)後「先座の委細巨細(イザコザ)、新造の人身御供、させども貰ひもめれども来る」
② =いさくさ
※談義本・風流志道軒伝(1763)四「一日も逗留(たうりう)叶はず。いざこざなしに早立ちのけ」
③ (副詞的に用いる) =いさくさ
※売卜先生糠俵後編(1778)上「青梅島はがさすの、小倉の帯はの何の(か)のといさこざいふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「いざこざ」の解説

いざ‐こざ

もめごと。争いごと。ごたごた。「職場にいざこざが絶えない」「いざこざの種をまく」
[類語]内輪もめ内輪喧嘩内紛諍い言い合い口論いがみあい角突き合いもめ事トラブルごたごた騒ぎ悶着摩擦どさくさ波乱小競り合い喧嘩問題

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android