アリオン

デジタル大辞泉プラス 「アリオン」の解説

アリオン

安彦良和による漫画作品。プロメテウスをめぐるギリシャ神話を下敷きにして、主人公の成長と冒険を描く。『リュウ』1979年5月号~1984年11月号に連載。徳間書店アニメージュコミックス全5巻。1986年自身の監督による劇場用アニメが公開された。

アリオン

トヨタ自動車が2001年から製造、販売している乗用車。4ドアセダン。プレミオの姉妹車。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

百科事典マイペディア 「アリオン」の意味・わかりやすい解説

アリオン

前7世紀後半のギリシア詩人レスボス島の出。生涯の大半をコリントス僭主のもとで送る。業績はディテュランボス詩形を固定させたこと。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「アリオン」の意味・わかりやすい解説

アリオン
Ariōn

前6世紀に活躍したギリシアのディチュランボス詩人。レスボス島の出身

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版 「アリオン」の意味・わかりやすい解説

アリオン【Ariōn】

前7世紀後半のギリシアの抒情詩人。生没年不詳。酒神バッカスをたたえるディテュランボスdithyrambos歌を創始した。故郷のレスボス島を出て,長年コリントスの僭主ペリアンドロスPeriandrosの宮廷にあったが,イタリアとシチリアの歌競べに出場して財をなし,船でコリントスへ帰る途中,欲に目のくらんだ船乗りどもに海へ投じられた。しかし1頭のイルカに救われ,無事僭主のもとに帰りついたので,船乗りどもの悪事が露顕したという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android