結成(読み)けっせい

精選版 日本国語大辞典「結成」の解説

けっ‐せい【結成】

〘名〙 事柄を組み立てて、あるまとまったものを作りあげること。現在では、特に、会、団体などを組織することをいう。
※土井本周易抄(1477)四「経文成したと正義にしたぞ」
※学校教育法(1947)九条「政府を暴力で破壊することを主張する政党その他を結成し」 〔庾肩吾‐経陳思王墓詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「結成」の解説

けっ‐せい【結成】

[名](スル)会や団体などの組織を作ること。「劇団を結成する」
[類語]結団結党立党結社発足発会生まれる誕生出来る創業創設創始創立新設開設設立開業始業

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「結成」の解説

【結成】けつせい

同盟を結ぶ。

字通「結」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android