海面(読み)ウミヅラ

デジタル大辞泉「海面」の解説

うみ‐づら【海面】

海上。うみのおもて。
「幾日も―が見えていた」〈犀星・花〉
《「つら」は傍らの意》辺。海または湖のほとり。
「さる―に出でゐたる、ひがひがしきやうなれど」〈・若紫〉

かい‐めん【海面】

海の表面
[類語]海上洋上海中

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「海面」の解説

うな‐づら【海面】

〘名〙 海の表面。かいめん
※人情本・閑情末摘花(1839‐41)三「晃(きら)めき渡る海面(ウナヅラ)を、眺望(ながめ)て歩行(あるく)

かい‐めん【海面】

〘名〙 海のおもて。海の表面。海上。
※漂荒紀事(1848‐50頃)一「晩に及んで、海面平に落日紅にして」 〔鮑溶‐採珠行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「海面」の解説

【海面】かいめん

海づら。

字通「海」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android