明徳館(読み)めいとくかん

日本大百科全書(ニッポニカ) 「明徳館」の意味・わかりやすい解説

明徳館
めいとくかん

出羽(でわ)秋田(久保田(くぼた))藩の藩学。1789年(寛政1)藩主佐竹義和(よしまさ)が、家老疋田柳塘(ひきたりゅうとう)の意見で、藩政改革の一環として人材養成のため設立。初め明道館、1811年(文化8)改称。毎年釈奠(せきてん)の日にあわせて養老儀を行い、趣旨を士庶に触れた。1794年藩内要地七か所に書院を設け、教育を拡張。儒学中心で、ほかに医学館があった。1825年(文政8)以降「和学方(わがくかた)」として国学者が採用され、やがて漢学者と対立。平田門実学としての西洋砲術所に拠(よ)る国学派が維新戊辰(ぼしん)期に藩論を勤皇に傾けた。

[木槻哲夫]

『『秋田県史 文芸教育編』(1961・秋田県)』『文部省編・刊『日本教育史資料 六』(1889)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「明徳館」の意味・わかりやすい解説

明徳館【めいとくかん】

秋田藩第9代藩主佐竹義和(よしまさ)によって1789年に開設された藩校。藩の運営を取り仕切る人材を育成する目的で設立され,当初は単に〈学館〉と称したが,1793年に江戸から儒学者の山本北山を招き,学則や機構を整え〈明道館〉とした。その後1795年には,漢方医学が専門の医学館も開設,1811年に校名を明徳館としている。跡地は現在〈エリアなかいち〉として再開発され,一角に碑が立てられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ボソン

ボース統計に従う粒子。ボース粒子ともいう。スピンが整数の素粒子や複合粒子はボソンであり,光子,すべての中間子,および偶数個の核子からなる原子核などがその例である。またフォノンやプラズモンのような準粒子...

ボソンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android