フィルムライブラリー(英語表記)film library

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「フィルムライブラリー」の意味・わかりやすい解説

フィルムライブラリー
film library

映画図書館。映画を集めて保存し,研究や鑑賞に役立てる場所。フランスのシネマテーク,ロシアのゴスフィルム・フォンドは膨大な数のフィルム所蔵で有名。日本では 1969年東京国立近代美術館の中に設置され,現在「東京国立近代美術館フィルムセンター」の名称で独自の活動を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典 「フィルムライブラリー」の意味・読み・例文・類語

フィルム‐ライブラリー

〘名〙 (film library) 映画フィルムやスライド類を集めて、整理保管し、研究者のための上映・展示を行なう施設。〔モダン辞典(1930)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「フィルムライブラリー」の意味・読み・例文・類語

フィルム‐ライブラリー(film library)

映画フィルムを収集・保管し、公共の利用に供する施設。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ボソン

ボース統計に従う粒子。ボース粒子ともいう。スピンが整数の素粒子や複合粒子はボソンであり,光子,すべての中間子,および偶数個の核子からなる原子核などがその例である。またフォノンやプラズモンのような準粒子...

ボソンの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android