谷崎 潤一郎(読み)タニザキ ジュンイチロウ

20世紀日本人名事典「谷崎 潤一郎」の解説

谷崎 潤一郎
タニザキ ジュンイチロウ

明治〜昭和期の小説家



生年
明治19(1886)年7月24日

没年
昭和40(1965)年7月30日

出生地
東京市日本橋区蠣殻町(現・東京都中央区)

学歴〔年〕
東京帝国大学国文科〔明治44年〕中退

主な受賞名〔年〕
文化勲章〔昭和24年〕,文化功労者〔昭和26年〕

経歴
幼少時代から和漢の古典に親しみ、一高在学中「校友会雑誌」に「葬式」などを発表。東大在学中の明治43年、第2次「新思潮」を創刊し、創刊号に「誕生」を発表、さらに「刺青」などを発表。後「スバル」同人となる。44年「秘密」を発表、永井荷風に激賞され、新進作家としてデビューする。ロマン派的な立場から唯美的、退廃的な作品を多く発表。戦前の代表作に「お艶殺し」「異端者の悲しみ」「痴人の愛」「」「吉野葛」「春琴抄」「盲目物語」「武州公秘話」「陰翳礼讃」などがある。この間、昭和5年に離婚した妻・千代佐藤春夫と結婚する旨の3名連署の声明文を発表、その経緯は「蓼喰ふ虫」にまとめられている。10年から「源氏物語」の口語訳を始め、16年に完結、以後も「新訳」「新々訳」と“谷崎源氏”に力を注いだ。戦争中は「細雪」を執筆、軍部の圧力で完成しなかったが、戦後の23年に完結。戦後も「少将滋幹の母」「過酸化満俺水の夢」「鍵」「瘋癲老人日記」などを発表し、旺盛な作家活動を示した。他に自伝的な作品「青春物語」「幼少時代」「雪後庵夜話」など。「谷崎潤一郎全集」(全30巻 中央公論社)がある。24年文化勲章を受章。平成9年フランス語訳作品集がフランスのプレイヤード双書に収められた。また同年京都府立総合資料館で歌人、吉井勇に送ったとされる未発表随筆が発見された。13年「瘋癲老人日記」のヒロインのモデルといわれる渡辺千萬子との200通に及ぶ往復書簡「谷崎潤一郎=渡辺千萬子 往復書簡」が刊行された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「谷崎 潤一郎」の解説

谷崎 潤一郎 (たにざき じゅんいちろう)

生年月日:1886年7月24日
明治時代-昭和時代の小説家
1965年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

LGBTQ

セクシュアルマイノリティ(性的少数者)を表す言葉で、性的指向や性自認を意味する英語の頭文字をとって作られた。Lesbian(レズビアン)は同性を恋愛の対象とする女性、Gay(ゲイ)は同性を恋愛の対象と...

LGBTQの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android