以後(読み)イゴ

デジタル大辞泉「以後」の解説

い‐ご【以後/×已後】

これから先。今からのち。今後。副詞的にも用いる。「―は班別に行動する」「―気をつけます」
その時よりのち。その後。「三時―は在宅しています」⇔以前
[用法]以後・以降――「五時以後(以降)、この門は閉まる」「以後(以降)、体力が衰えた」「来月以後(以降)の予定」など、その時を含んで過去・未来を表すことでは相通じて用いられる。◇「以降」は「明治維新以降、日本の近代化は急速に進んだ」など、ある時点からの時の経過に重点を置くことが多い。◇類似の語として「一九五六年以来、彼女はパリにいる」のように、ある時点から現在までずっとの意味を表す「以来」や、「一〇年このかた、彼には会っていない」のように、ある時から今までの意味をもつ「このかた」がある。
[類語]その後以降以来爾後爾来あと向こうのち事後今後さき後後あとあと後後のちのち先先直後

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「以後」の解説

【以後】いご

~よりのち。以往。〔後漢書、列女伝序〕中興より以後、其の事を綜(す)べ、べて列女を爲(つく)る。

字通「以」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android