福祉(読み)ふくし

精選版 日本国語大辞典「福祉」の解説

ふく‐し【福祉】

〘名〙 (「し」は「祉」の慣用音) 幸。さいわい。現代では、特に、公的配慮による、社会の成員の物的・経済的な充足をいう。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・山城州西山西禅寺語録「奉為建寺檀那雲岩禅門、用増福祉
※厚生新編(1811‐39)七「皆人類万物の霊長をして健康無恙の福祉(フクシ)を得てその天年を終らしめんがためのみ」 〔易林‐履之〕

ふく‐ち【福祉】

〘名〙 (「ち」は「祉」の正音、「し」は慣用音) ⇒ふくし(福祉)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「福祉」の解説

ふく‐し【福祉】

《「し」は「祉」の慣用音。》公的な配慮・サービスによって社会の成員が等しく受けることのできる充足や安心。幸福な生活環境を公的扶助よって作り出そうとすること。「公共福祉」「福祉事業」
[類語]福利

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「福祉」の解説

【福祉】ふくし

幸い。

字通「福」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android