打止め(読み)ウチドメ

デジタル大辞泉 「打止め」の意味・読み・例文・類語

うち‐どめ【打(ち)止め/打(ち)留め】

芝居・相撲などの興行の終わり。また一般に、物事を終わりにすること。「そろそろ―にしよう」
パチンコで、一定量の玉を出した台の使用を停止すること。
[類語]終わりおしまい終了完了完結終結終焉しゅうえん終末果てし幕切れ閉幕ちょんかんりょうジエンド終わりを告げる終止符を打つピリオドを打つちょんになる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android