愛新覚羅 浩(読み)アイシンカクラ ヒロ

20世紀日本人名事典「愛新覚羅 浩」の解説

愛新覚羅 浩
アイシンカクラ ヒロ
アイシンジュエルオ/ハオ*

昭和期の華族 旧満洲国皇帝の弟に嫁いだ“流転王妃”。



国籍
中国

生年
1914年3月16日

没年
1987年6月20日

学歴〔年〕
女子学習院高等科卒

経歴
1914年(大正3年)元侯爵嵯峨実勝の長女として生れ、’37年(昭和12年)当時の国策としての「日満親善」の下で、清朝最後の皇帝で満洲国皇帝になった愛新覚羅溥儀実弟溥傑と結婚、二女をもうける。太平洋戦争終結で満洲国が崩壊、中国各地を逃避行した末、’47年日本に引き揚げた。’57年には長女の学習院大生慧生が級友と伊豆・天城山で心中するという悲劇にも見舞われた。’61年特赦となった夫に中国で16年ぶりに再会し、「日中親善に尽くし中国に骨を埋める」覚悟で北京に移り住む。以後、中国政府の要職に就いた夫と平穏な日々を送り、’74年及び’80年夫妻で来日。著書に自伝「流転の王妃」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「愛新覚羅 浩」の解説

愛新覚羅 浩 (あいしんかくら ひろ)

生年月日:1914年3月16日
満州国皇帝溥儀の弟溥傑の妻
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android