ムジナモ(読み)むじなも

日本大百科全書(ニッポニカ) 「ムジナモ」の意味・わかりやすい解説

ムジナモ
むじなも / 狢藻
[学] Aldrovanda vesiculosa L.

モウセンゴケ科(APG分類:モウセンゴケ科)の多年草。静かな水面に浮かぶ水生食虫植物で、根はない。は長さ10~25センチメートル、多少分し、節間は短い。葉は節に6~8枚輪生し、柄はくさび形、上端に数個の剛毛状突起がある。葉身はハマグリ状に開閉し、小虫が入ると閉じて消化する。冬季は枝先に葉を球状に密集して越年する。7~8月、葉腋(ようえき)から短い柄を出し、水面上に淡緑色花を1個開く。萼片(がくへん)、花弁はともに5枚。雄しべは5本。雌しべは1本で5本の花柱があり、その先は細かく裂ける。花は1日でしぼみ、花期後、柄が水中に潜り、卵円形で黒色の果実を結ぶ。世界に点々と分布し、日本では関東地方の一部にまれに生育し、埼玉県羽生(はにゅう)市宝蔵寺沼のものは国の天然記念物である。名は、全草を狢(むじな)のに例えたもの。

[小林純子 2020年12月11日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「ムジナモ」の意味・わかりやすい解説

ムジナモ

モウセンゴケ科の食虫植物。多年草で,ユーラシアアフリカに広く分布するが,日本ではきわめてまれ。沼や小川の水中に浮かんで生活する。茎は長さ6〜20cm,少数の枝を出し,1節に6〜8枚の葉を輪生,葉柄はくさび形で上方に数本の毛があり,葉身は袋状で二枚貝のように開閉し,水中のミジンコなどの小動物をとらえ消化する。7〜8月,葉腋から水面に花柄を出し,頂に1個の淡緑色の5弁花を開き,1日でしぼむ。花後花柄が曲がり,果実は水中で熟す。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版 「ムジナモ」の意味・わかりやすい解説

ムジナモ【waterwheel plant】

池や沼に浮遊し,二枚貝状に開いた葉身を閉じて水生小動物を捕食する,モウセンゴケ科の1属1種の多年生食虫植物(イラスト)。根はなく,茎は春から秋に伸び続け,所々で分枝するが,冬季,先端のみが鱗片葉でおおわれて,球状となって越冬する。夏季の栄養組織形態が〈(むじな)の尾〉に似ているところから,和名がついた。葉は直径1.5~2cmに輪生し,長さ5~7mm,幅8~10mm。捕虫葉内側には,感覚組織を基部にもつ感覚毛が約40本あり,獲物が触れると1/50秒ほどの速さで閉合運動を完了し,続いて狭窄(きようさく)運動をして獲物に腺細胞が密着し,消化活動をしやすいようにする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android