コプト語(読み)こぷとご(英語表記)Coptic

翻訳|Coptic

日本大百科全書(ニッポニカ)「コプト語」の解説

コプト語
こぷとご
Coptic

エジプトがキリスト教化された3世紀ごろからの、コプト文字で書かれるようになった古代エジプト語の最終段階をさす。コプト名称ギリシア語aigyptiosからきたアラビア語qubî「エジプトの」に由来する。コプト文字はギリシア文字からの24文字と、エジプト民衆文字からの7文字の計31文字からなるアルファベットで、左横書きされる。母音も表記されるので、子音のみが書かれる古いエジプト語の母音体系を再建するうえでも重要である。六つの方言が知られているが、5~11世紀は上(かみ)エジプトのサイード方言が、それ以降は下(しも)エジプトのボハイラ方言が標準語であり、キリスト教関係をおもに、豊富な文献を残す。7世紀のエジプトのイスラム化以後はしだいにアラビア語に圧倒され、現在ではコプト教会言語としてのみ存在する。しかし日常語として復活させようとの動きもある。

[柘植洋一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「コプト語」の解説

コプト語【コプトご】

エジプト語から派生した言語。Coptic。キリスト教がエジプトに入ってから17世紀まで,文学・宗教語として用いられた。ギリシア語から多くの語彙(ごい)の借用がみられ,ギリシア語のアルファベットと数個のデモティック文字(エジプト文字)を加えたもので書かれる。現在でもコプト教会の礼拝に用いられるが,話しことばとしては死滅している。
→関連項目コプト

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「コプト語」の解説

コプト‐ご【コプト語】

〘名〙 アフロ‐アジア語族に属し、一般にハム諸語と呼ばれる言語の一つ。古代エジプト語の最終段階の言語。名称は、紀元後コプト②によって、広く使用されたことによる。七世紀以後のイスラム化に伴いアラビア語に圧迫され、現在はコプト教会の用語としてのみ存在する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「コプト語」の解説

コプト‐ご【コプト語】

ハム諸語の一つで、古代エジプト語を継承する言語。エジプトキリスト教徒によって広く話されたが、のちアラビア語に圧迫され、16世紀にはほとんど話されなくなった。現在ではコプト教会の典礼用語としてわずかに残る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「コプト語」の解説

コプト語
コプトご
Coptic language

3世紀頃からエジプトで用いられたエジプト語。文献は,ほとんどがキリスト教関係のもので,ギリシア文字で書かれている。最後の文献は 14世紀。のち,アラビア語に取って代られた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「コプト語」の解説

コプトご【コプト語 Coptic】

コプト文字で書かれた文書によって知られる,2世紀以後のエジプト語。コプト文字は,ギリシア文字に数個のエジプト民衆文字を加えた単音文字体系で,それ以前のエジプト文字にはなかった母音文字を備えているため,これによって古代エジプト語の母音もある程度推定される。初期の非文学的資料は当時の口語を反映するものと考えられるが,資料の大半を占めるキリスト教文書は大部分ギリシア語からの翻訳であって,名詞動詞はもちろん,前置詞や接続詞にまでギリシア語からの借用が及んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のコプト語の言及

【エジプト語】より

…前7世紀ころからデモティック語がおこり,契約文書などに多く用いられた。3世紀ころ現れたコプト語にはギリシア語の影響が強く,この語による文献にはキリスト教関係のものが多い。時代的にはデモティック語→コプト語と続くが,言語の性質からすると,両言語ともに後期エジプト語から派生している。…

【エジプト文字】より

…行文の書き方には右進行縦書き,左進行縦書き,右→左横書き,左→右横書きの4種がある。ヒエログリフは子音のみを表すので,外国語に移された神名,王名,地名や,コプト語からの類推による母音付加vocalizationの研究が進んでいるものの,この文字で綴られた語の発音を完全に復元することは不可能である。それゆえ欧米の学者たちも,たとえば,テーベの市神の名をAmon,Amen,Amunなどと綴って,一致を見ない。…

※「コプト語」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android