キャンデー

精選版 日本国語大辞典「キャンデー」の解説

キャンデー

〘名〙 (candy)
① 砂糖を主材料とする洋風のあめ菓子。ボンボン、ドロップ、ヌガーなど種類が多い。砂糖菓子
※報知新聞‐明治三七年(1904)九月一四日「ケーキと云ふのは麦粉で製する種類の総称で〈略〉キャンデーと云ふのは右と反対で麦粉を用ゐざる種類の総称」
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「米国から持って来たキャンディーを二人の前に置いて」
② 「アイスキャンデー」の略。
※裾野(1947‐50)〈舟橋聖一〉一「駅前の氷屋で、キャンデーを食べたりした」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「キャンデー」の解説

キャンデー(candy)

《「キャンディー」とも》
砂糖を煮固めて作った洋風のあめ菓子。
アイスキャンデー」の略。
[類語]飴玉水飴晒し飴千歳飴金太郎飴鼈甲飴ドロップキャラメルヌガー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android