イェーナ大学(読み)イェーナだいがく

百科事典マイペディア 「イェーナ大学」の意味・わかりやすい解説

イェーナ大学【イェーナだいがく】

ドイツのイェーナにある大学。1558年創立。18―19世紀にフィヒテシェリングヘーゲルゲーテシラーらのドイツの代表的思想家,文学者がここを中心に活躍。第2次大戦後,東独に属しフリードリヒ・シラー大学と改称。2013年現在,神,法,医,哲,経など10学部。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のイェーナ大学の言及

【イェーナ】より

…14世紀に自治権を得て,ブドウ栽培と取引を中心に栄える。1558年創立のイェーナ大学(現,フリードリヒ・シラー大学)は,市が1741年ワイマール公国領となり,カール・アウグスト公のもとでゲーテが活躍するに及んで,ドイツ文化の中心の一つとなった。シラー,フィヒテ,シェリング,シュレーゲル兄弟,ヘーゲル,ティークら,18世紀後半~19世紀初めのドイツの代表的思想家・文学者がこの大学で講じた。…

※「イェーナ大学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

線状降水帯

線状に延びる降水帯。積乱雲が次々と発生し、強雨をもたらす。規模は、幅20~50キロメートル、長さ50~300キロメートルに及ぶ。台風に伴って発達した積乱雲が螺旋らせん状に分布する、アウターバンドが線状...

線状降水帯の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android