メアリー

精選版 日本国語大辞典「メアリー」の解説

メアリー

(Mary) イギリスの女王。
[一] (一世) ヘンリー八世と最初の妃キャサリンの子(在位一五五三‐五八)。旧教復帰政策をかかげて、新教徒を迫害。スペイン皇太子(のちのフェリペ二世)と結婚。フランスとの戦争にまきこまれて大陸における最後の拠点カレーを失った。(一五一六‐五八
[二] (二世) ジェームズ二世の娘(在位一六八九‐九四)。オレンジ公ウィリアム(ウィリアム三世)と結婚。名誉革命により夫とともに即位して共同統治し、議会政治の優位を確認してイギリス立憲君主制の基礎を置いた。(一六六二‐九四

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「メアリー」の解説

メアリー(Mary)

英国の女王。
(1世)[1516~1558]在位1553~1558。ヘンリー8世とキャサリンの子。スペイン王フェリペ2世と結婚、旧教の復活を進め新教徒を迫害したので「血のメアリー」とあだ名された。
(2世)[1662~1694]在位1689~1694。ジェームズ2世長女。オレンジ公ウィリアム(ウィリアム3世)と結婚してオランダに渡ったが、名誉革命後、英国王に迎えられ、夫とともに共同統治した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「メアリー」の解説

メアリー

2000年に台風委員会により制定された台風の国際名のひとつ。台風番号、第115号。北朝鮮による命名。「やまびこ」を意味する。2004年に発生した台風21号は、がけ崩れや土石流などによる死者25名の被害をもたらした。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android