誤判(読み)ごはん

精選版 日本国語大辞典「誤判」の解説

ご‐はん【誤判】

〘名〙 まちがった判断。誤った審判
※第2ブラリひょうたん(1950)〈高田保〉背広服「だが何としても誤判は誤判、裁判権威にかかわるというので」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「誤判」の解説

ごはん【誤判】

誤った裁判。裁判は,事実認定法令解釈適用によって,法律上の事件を解決する機能を持つが,その過程で誤った判断がまったく生じないわけではない。民事,刑事の両者について,誤判が問題になるが,民事訴訟が私人の間の法的紛争の解決を目的としているのに対し,刑事訴訟国家関与前提とし,しかも刑罰という重大なことがらにかかわるものであるため,誤判の影響はより深刻で,いきおい,人権侵害にかかわってくる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉「誤判」の解説

ご‐はん【誤判】

裁判官が誤って下す判決

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android