後者(読み)こうしゃ

精選版 日本国語大辞典「後者」の解説

こう‐しゃ【後者】

〘名〙
① 二つあげたうちのあとのもの。⇔前者
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉上「前者は娯楽を目的とし、後者(コウシャ)は諷誡を真相とす」
② あとから続く者。後世の者。
日本外史(1827)五「前者顧後者、以為追兵也」 〔春秋左伝‐隠公九年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「後者」の解説

こう‐しゃ【後者】

二つ挙げたうちのあとのもの。⇔前者
あとに続く者。後世の人。
[類語]前者

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「後者」の解説

【後者】こうしや

あとからの人。〔文子、上徳〕人は、無因循(いんじゆん)、常に後(おく)れて先んぜず。譬(たと)へば燎(しんれう)を積むに、後の上に處(を)るが(ごと)し。

字通「後」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android