於て(読み)おいて

精選版 日本国語大辞典「於て」の解説

おい‐て【於て】

連語〙 (「おきて」の変化した語。漢文訓読において用いられ始めた。「…において」の形で、まれに「…でおいて」の形で、格助詞的に用いられる)
① 動作、作用の行なわれる場所、時間などを示す。…で。…にあって。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)「は一年の中に(オイ)て、三三をもちてことに説くなり」
事物、人物などについて、それに関連することを示す。
(イ) …に関して。…について。
※石山寺本法華経玄賛平安中期点(950頃)三「後の二頌はにおいて請ひしことを頌す」
※延慶本平家(1309‐10)六末「草木愁たる色あり、や覇陵の松においてをや」
(ロ) (「は」を伴って) (他のものはとにかく)…に関しては。…にあっては。
※百座法談(1110)二月二八日「汝いまにおいては、仏法を修行し大乗経を書写せよ」
※保元(1220頃か)中「関白殿〈略〉、御身にをひては何の御怖畏か有るべきに」
③ (「は」を伴って) 仮定条件を示す。…の場合には。
※平家(13C前)一〇「還幸なからんにおいては、三種の神器いかでか玉躰をはなちたてまつるべきや」
[語誌]格助詞「に」をともなう「において」の形は「於」を訓読した「ニオキテ」の音便形。「於」は平安時代から「ニオイテ」の他、「ニシテ」とも読まれ、「ニシテ」が主として具体的な場所を指すのに対し、「ニオキテ(ニオイテ)」は論理的・抽象的な関係を示していた。院政期頃まではこのような使い分けがなされていたようであるが、やがて場所・時間を表わす場合にも「ニオキテ(ニオイテ)」が用いられるようになった。

おき‐て【於て】

〘連語〙 (「置きて」の漢文の「於」の訓読語として「…におきて」の形で用いる。「おき」のあとに「たてまつる」「ます」などを入れる場合もある) …にあって。…にとって。おいて。
源氏(1001‐14頃)東屋「少将殿にをきたてまつりては、故大将殿にも若くより参り仕うまつりき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「於て」の解説

おい‐て【×於て】

[連語]《動詞「お(置)く」の連用形に接続助詞」の付いた「おきて」の音変化》(「…において」の形で用いる)
場所を表す。…で。…にて。「東京に於て大会を挙行する」
時間を表す。…のときに。「過去に於てそうであったことが現在もそうとは限らない」
場合・事柄を表す。…に関して。…について。…にあって。「技術に於て劣る」「人にはなんでもないことが、彼に於ては苦痛であった」
係助詞」を伴って)仮定条件を表す。…の場合には。
「還幸なからんに―は」〈平家・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android