(読み)きし

精選版 日本国語大辞典「岸」の解説

きし【岸】

〘名〙
① 陸地が川・湖・海などの水に接したところ。みずぎわ。なぎさ。
※万葉(8C後)七・一二三七「静けくも岸(きし)には波は寄せけるかこれの家通し聞きつつ居れば」
※太平記(14C後)六「或は橋の上を歩ませ、或は河瀬を渡して、向の岸(キシ)に懸驤る」
② 岩石または地などのきり立ったところ。がけ。きりぎし。山ぎし。岩壁。
※万葉(8C後)一〇・二三一三「あしひきの山かも高き巻向の木志(きシ)の子松にみ雪降り来る」
※米沢本沙石集(1283)一〇本「山のきしに小き菴室をかまへて、後世菩提の行おこたらず」
③ 桶・井戸など水のはいっているものの縁(ふち)
※雑俳・歌羅衣(1834‐44)二「子持に風呂の岸を譲りて」

きし【岸】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「岸」の解説

がん【岸】[漢字項目]

[音]ガン(呉)(漢) [訓]きし
学習漢字]3年
〈ガン〉
きし。「岸頭岸壁右岸沿岸河岸海岸護岸接岸対岸彼岸
角立っている。いかめしい。「魁岸かいがん傲岸ごうがん
〈きし(ぎし)〉「岸辺川岸山岸
[難読]河岸かし

きし【岸】

陸地の、海・川・湖などの水に接している所。みずぎわ。「に打ち寄せる波」
土地の切り立った所。がけ。
「あしひきの山かも高き巻向まきむくの―の小松にみ雪降り来る」〈・二三一三〉
[類語]岸辺右岸左岸両岸岸壁向こう岸対岸川岸河岸かがん河岸かし湖岸

きし【岸】[姓氏]

氏の一。
[補説]「岸」姓の人物
岸清一きしせいいち
岸信介きしのぶすけ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android