夕方(読み)ゆうがた

精選版 日本国語大辞典 「夕方」の意味・読み・例文・類語

ゆう‐がた ゆふ‥【夕方】

〙 (「ゆうかた」とも) 日が暮れかかるころ。夕日が沈むころ。夕つかた。ゆう。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「ゆふかたになりて、せんじもて参りて」

ゆう‐つ‐かた ゆふ‥【夕方】

〘名〙 (「つ」は「の」のの古い格助詞) =ゆうがた(夕方)
※宇津保(970‐999頃)国譲上「右大将、ゆふつかた、直衣姿にてまうで給へり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「夕方」の意味・読み・例文・類語

ゆう‐がた〔ゆふ‐〕【夕方】

《「ゆうかた」とも》日の暮れがた。日の沈むころ。
[補説]気象庁の天気予報等では、15時頃から18時頃までを指す。→
[類語]日暮れ夕暮れ晩方夕べ夕刻黄昏薄暮火ともしごろ宵の口暮れ方イブニング今夕夕間暮れう魔が時大禍おおまがナイトフォール黄昏たそがれ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

サルノコシカケ

サルノコシカケ科やその近縁のキノコの総称。日本では4科約40属300種が知られ,ブナ林に日本特産種が多い。樹木の幹につき,半円形,木質で厚く堅く,上面には同心円紋があるものが多い。下面には無数の穴があ...

サルノコシカケの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android