みず

精選版 日本国語大辞典「みず」の解説

みず みづ

〘名〙 イラクサ科一年草。本州中部以西、四国、九州の山野の湿地に生える。高さ五~三〇センチメートル。茎、葉ともに多汁質で柔らかい。葉は長柄をもち対生。葉身は長さ一・五~四センチメートルの卵状ひし形で縁に鋸歯がある。夏から秋にかけ、葉腋に淡黄色の小花が球状に群がってつく。茎が半透明で柔らかく分が多くてみずみずしいところからいう。〔物品識名(1809)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「みず」の解説

みず〔みづ〕

イラクサ科の多年草。高さ約40センチ。茎・葉は多汁でやわらかく、葉はやや菱形で縁にぎざぎざがある。9、10月ごろ、淡黄色の小花をつける。似ているアオミズミズナウワバミソウ)と混称されることもあり、ともに食用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android