知行制(読み)ちぎょうせい

精選版 日本国語大辞典「知行制」の解説

ちぎょう‐せい チギャウ‥【知行制】

〘名〙 封建制社会において、知行③の土地を媒介として成立する社会制度。主人家臣に知行を御恩として与え、家臣の奉公を要求した。鎌倉時代から明瞭になる武士の主従関係は、知行制をその基礎においている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android