河津(読み)カワヅ

デジタル大辞泉 「河津」の意味・読み・例文・類語

かわづ〔かはづ〕【河津】

静岡県、伊豆半島東岸の賀茂郡地名。湯ヶ野・峰・谷津などの温泉があり、河津川上流に河津七滝ななだるがある。観光地。

か‐しん【河津】

河岸にある港。また、河の渡し場

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「河津」の意味・読み・例文・類語

かわづ かはづ【河津】

静岡県伊豆半島南東部の地名。鎌倉時代初め、河津氏が居住した所。河津温泉郷がある。

かわづ かはづ【河津】

姓氏の一つ。

か‐しん【河津】

〘名〙 =かこう(河港)庾信‐春賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「河津」の読み・字形・画数・意味

【河津】かしん

河のわたし場。北周信〔春の賦〕三日曲水、河津に向ひ、日河邊、多くを解く。

字通「河」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

破壊措置命令

弾道ミサイルなどが日本に飛来・落下する恐れのある場合に、それを破壊するよう防衛大臣が自衛隊に命じること。弾道ミサイル破壊措置命令。[補説]原則として内閣総理大臣の承認を得た上で行われるが、事態の急変な...

破壊措置命令の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android