岡倉 士朗(読み)オカクラ シロウ

20世紀日本人名事典「岡倉 士朗」の解説

岡倉 士朗
オカクラ シロウ

昭和期の演出家



生年
明治42(1909)年9月24日

没年
昭和34(1959)年2月22日

出生地
東京・本郷丸山新町

学歴〔年〕
立教大学英文科卒

主な受賞名〔年〕
毎日演劇賞(昭24年度)「夕鶴

経歴
立教在学中の昭和4年から新築地劇団に参加、土方与志に演出を学んだ。12年長塚節の「土」と翌年豊田正子「綴方教室」の演出で評価された。15年に退団したが8月、検挙され16年保釈。18年東宝に入社。戦後22年、木下順二山本安英らと「ぶどうの会結成に参加、さらに同年、滝沢修、宇野重吉らと民衆芸術劇場(第1次民芸)を結成。両劇団の中心的演出家として活躍。24年明大演劇科講師となり、25年「劇団民芸」創立時の代表者となった。32年には新劇代表団の一員として中国・北朝鮮を訪問。木下順二の「夕鶴」演出で24年度毎日演劇賞受賞。また菊五郎劇団その他の歌舞伎の演出、劇団民芸の「その妹」「民衆の敵」、さらにオペラなどの演出も手がけた。論集「演出者の仕事」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「岡倉 士朗」の解説

岡倉 士朗 (おかくら しろう)

生年月日:1909年9月24日
昭和時代の演出家
1959年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android